小堀産業トップ > メールマガジンバック

麹・大豆の小堀産業マガジン85号 

2013年3月10日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
第85号        小堀産業マガジン
     http://www.koborisanngyou.com/
   kobori@koborisanngyou.com
                         
               発行 小堀産業
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 小堀産業は手造り味噌やお味噌の材料を売っているお店です。
================================
■少し暖かくなってきたかなと思います。今年も麹、大豆ありがとうご
ざいます。寒の時期でなくてもお味噌作りは、できますが、やはり寒の
時期、1月、2月が多いです。もちろん、今の時期も多いし、1年中お
味噌は、できます。

■まっ、しかし、一段落しました。
今年も麹を売るだけでなく、商売を通してお客様からいろいろ教えても
らいます。
今回は、その中からお役に立てる情報を記してみたいと思います。

■1.以前からお味噌を作るのに煮るのではなく、蒸すお客様がいらっ
しゃいます。
私は、あまり料理などに詳しくないので蒸すなど想像もできませんでし
た。
今回、大きな圧力鍋でその中にざるに入れた大豆を入れて作るとすぐに
できるとお客様から具体的に教わりました。
これならできそうな気がしたので、今度やってみたいと思います。お客
様の言う大きな圧力鍋は、25リットルの鍋だそうです。
もちろん、そんな大きな鍋は、ありませんが、面白そうです。

■2.甘味噌というか西京味噌ですが、兵庫県のお客様に聞いたのです
が、秋口にお味噌を作り、正月にお雑煮に使うそうです。どのくらいの
割合で作るのかわかりませんが、麹は、大豆の倍ぐらいは、入れると思
います。塩も少ないはずです。
そのお客さんの話だけですが、1か月か2か月でお味噌になる計算です。
私もよくそのぐらいの割合でお味噌を作るのですが、酸っぱいお味噌が
できることもありました。塩が足りないこととで雑菌が多くなるためと
思っていました。涼しい年末に保存すると酸っぱくならないのかもしれ
ないと思いました。

■3.これは、テレビを見ていて、気づいたのですが、お味噌屋さんと
いうか、手作りで作って売っている所では、大豆と麹と塩を混ぜてから
挽き肉を作る機械で潰していました。
大量に作るために、混ぜながら潰すのが、いいのかもしれません。
ようするに、よく混ぜれば、それでいいのでしょう。

■最後に遅れましたが、鳥取県産サチユタカの新が入荷しました。1キ
ロ470円です。2等級の豆ですが、きれいな大豆です。どうぞ、よろしく
お願いいたします。

****************************************************************
■量り売り麹1キロ840円

■蔵麹1キロ袋入り1050円

■麦麹1キロ袋入り1150円

■量り売り麹は、長野県のお味噌屋さん、蔵麹・麦麹は、販売元は、愛
知県ですが、福島県の麹屋さんで造っています。
===============================
小堀産業マガジンでした。
****************************************************************
有限会社小堀産業
TEL 045-501-2867 FAX 045-521-3833
〒230-0052 横浜市鶴見区生麦5-13-47
ホームページ http://www.koborisanngyou.com/
電子メール kobori@koborisanngyou.com
***************************************************************


前の号へ   次の号へ 

閉じる