小堀産業トップ > メールマガジンバック

麹・大豆の小堀産業マガジン77号 

2011年12月25日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
第77号        小堀産業マガジン
     http://koborisanngyou.com/
   kobori@koborisanngyou.com
                         
発行 小堀産業
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 小堀産業は手造り味噌やお味噌の材料を売っているお店です。
================================
■早いものでもう年末です。
忙しくなるとメールマガジンもださなくなります。すいません。

■今年は、新大豆も早くでました。北海道大豆、サチユタカ、エンレイ、
フクユタカと年内に新大豆になりました。どうぞ、新大豆でお味噌を造
ってください。

■麹を買ってくださるお客様には、お味噌造りのお客様が多いですが、
最近では、塩麹のお客さまもかなりいます。

■私も鮭などを漬けるのが好きです。今回、ふと、鮭には、甘酒で漬け
た方がいいか、塩麹の方がいいかと疑問がわきました。
鮭については、塩麹を知る前に甘酒をかたく造り、漬けたことがありま
す。とても上品な味でおいしかったです。

■今回は、甘酒と塩麹とで漬け比べてみました。
最近、なんでもかんでも塩麹なもので、ちょっと試してみたくなったわ
けです。

■2日間、普通の甘鮭を漬けてみました。
2日かというのは、塩麹にしては、長いのですが、あえて味がはっきり
するように長く漬けてみました。

■鮭は、塩麹の方は、やはり辛かったです。甘酒の方は、上品なおい
しさでした。
塩があるなしの差ですが、鮭には、甘酒の方がいいかなと思いました。
もちろん、塩麹がだめなわけではないです。塩が利いておいしかったで
す。もっと短い時間ならどうだったか、結果は、わかりません。
まあ、しかし、考えればわかることを試してみた年末の寒い1日でした。

■つまらない話を書いてすみません。

■来年もよろしくお願いいたします。今年1年ありがとうございました。
****************************************************************
■新大豆では、ないですが、タマフクラという日本最大級の大粒大豆が
あります。
これでお味噌を造ったお客様からおいしいという声をききました。
どうでしょうか。タマフクラでのお味噌造り。
****************************************************************
■量り売り麹1キロ840円

■蔵麹1キロ袋入り1050円

■麦麹1キロ袋入り1150円

■量り売り麹は、長野県のお味噌屋さん、蔵麹・麦麹は、販売元は、愛
知県ですが、福島県の麹屋さんで作っています。
===============================
年内の発送は、29日まで。新年は、5日から発送します。
===============================
小堀産業マガジンでした。
****************************************************************
有限会社小堀産業
TEL 045-501-2867 FAX 045-521-3833
〒230-0052 横浜市鶴見区生麦5-13-47
ホームページ http://www.koborisanngyou.com/
電子メール kobori@koborisanngyou.com
***************************************************************


前の号へ   次の号へ

閉じる