小堀産業トップ > メールマガジンバック

麹・大豆の小堀産業マガジン73号 

2011年6月12日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
第73号        小堀産業マガジン
     http://koborisanngyou.com/
   kobori@koborisanngyou.com
                         
発行 小堀産業
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 小堀産業は手造り味噌やお味噌の材料を売っているお店です。
================================
■梅雨になりました。
今年は、地震などあり、いまだに落ち着かない毎日ですが、なにかいつ
もと違うことをしようと梅酒を作ってみました。

■お味噌造りをするお客様なら、たいてい梅酒やらっきょを作っていら
っしゃるので、梅酒も作ったことがないのかと怒られそうですが、恥ず
かしながら初めて作ってみました。

■梅酒は、造ったことがないと難しそうですが、やってみると意外と簡
単に出来ました。
梅に砂糖とホワイトリカーを混ぜて寝かす。
簡単にいえばそれだけです。

■仕込んでから、だいたい3ヶ月ぐらいから飲めるということです。

■最近は、お味噌を造ってもお味噌になるまで待ちきれないとかわくわ
くする気持ちは、おきないのですが、初めて作る梅酒。
待ちきれなく、仕込んでから毎日見ています。
こんな気持ちで見守っていれば、きっとおいしい梅酒になると思います。

■梅酒だけでなく、はじめて作るものは、なんでも出来上がりが楽しみ
です。

■そして、また、初めて作ったものは、感動がプラスされるのでしょう
か、すばらしくおいしく感じます。

■初めてお味噌を造った時がそうでした。そのお味噌の味が忘れられま
せん。
あれから、もう何十回と造りましたが、あの味には、なりません。

■お味噌造りの講習会で私は、初めてお味噌を造る人に必ず言います。
「今日造ったお味噌は、一番おいしいお味噌になります。ぜひ、この味
を忘れないでください。」

■もちろん、そのお味噌と今のお味噌と比べてみると味にそんなに違い
は、ないかもしれません。

■そして、1回造っただけでは、お味噌造りの面白さがわかるわけでは
ないのですが、今回梅酒を造ってみて、初めてお味噌を造ったわくわく
感がよみがえりました。

■なんでも新鮮さは、必要です。
もう一度、味噌を造るときにこの気持ちを忘れないように造ってみよう
と思いました。
今まで以上のお味噌ができるかもしれません。

****************************************************************
■量り売り麹1キロ840円:今年は、夏でもおきました。よろしくお
願いいたします。

■蔵麹1キロ袋入り1050円:1年中おいています。こちらもよろし
くお願いいたします。

■量り売り麹は、長野県のお味噌屋さん、蔵麹は、販売元は、愛知県で
すが、福島県の麹屋さんで作っています。

■タマフクラ1キロ620円:日本最大級の大粒大豆です。北海道産で
ほくほくしておいしいです。ただし、新穀ではなく21年産です。
===============================
小堀産業マガジンでした。
****************************************************************
有限会社小堀産業
TEL 045-501-2867 FAX 045-521-3833
〒230-0052 横浜市鶴見区生麦5-13-47
ホームページ http://www.koborisanngyou.com/
電子メール kobori@koborisanngyou.com
***************************************************************

前の号へ  次の号へ   

閉じる