小堀産業トップ > メールマガジンバック

麹・大豆の小堀産業マガジン70号 

2011年3月2日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
第70号        小堀産業マガジン
     http://koborisanngyou.com/
   kobori@koborisanngyou.com
                         
発行 小堀産業
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 小堀産業は手造り味噌やお味噌の材料を売っているお店です。
================================
■今年も、寒の時期が過ぎたと思ったら、もう3月です。

■お味噌は、仕込みましたか。

■1年中、お味噌は、仕込めますが、やはり寒い時期に仕込む人が多い
です。ところで、今回は、甘酒の造り方をやってみます。

■お味噌の次に甘酒の造り方の問い合わせが多いからです。何回か以前
にも取り上げています。

■もっとも、甘酒の造り方は、簡単です。ただ、初めて作る人は、やは
り不安だと思います。

■私も電話でよく説明するのですが、生来が適当な人間なので、「ご飯
と麹を同量ぐらいでいいです。麹だけでも甘酒は、できますから。まっ、
不安なら麹を多く入れください。」などといいます。

■これでは、聞く方も不安なので、今回、目分量ですが、測ってみまし
た。

1.お茶碗を使いました。ご飯を食べる普通のお茶碗です。
2.これにご飯を1杯よそいます。
3.鍋にいれます。
4.そこに同じお茶碗でお水を1杯入れます。
5.火にかけて、お粥状にします。沸騰したら、火を止めます。
6.1分ぐらい待ちます。まだ、熱いです。
7.そこに、お茶碗1杯の麹を投入し、かき回します。
8.これを密封容器に入れます。
9.容器の大きさは、貼るカイロがちょうど貼れるぐらいの大きさです。
厚さは、3センチぐらいでしょうか。
10.鍋の中身を容器に入れたら、貼るカイロをふたの外側と底の外側に
貼ります。
11.後は、新聞紙で容器を包み、畳の上に座布団を置き、その上に敷き
布団を敷いてその間に入れておきました。

■夜の11時頃に作り、朝、7時頃に見てみましたが、甘酒が出来ていまし
た。

■新聞紙を取ってみると、貼るカイロは、まだ暖かかったです。

■保温について、60度といいますが、カイロの場合は、その温度に達して
は、いないと思います。ただし、結構、甘い甘酒ができます。

■もちろん、きちんと保温できれば、もっと甘い甘酒が出来ると思います。
ただ、不思議なことにこの出来た甘酒ですが、時間が経つにつれ、甘みが
増していく気がします。

■保温には、炊飯ジャー、こたつ、電気毛布、あんか、ホットカーペット
等、どれも使えると思いますが、簡単に手に入り、安い値段の貼るカイロ
を使ってみました。

■このような食品の保温に貼るカイロを使っていいのかは、わかりません
が、試してみました。

■甘酒は、生きているので、冷めてから冷蔵庫に入れた方がいいです。1
週間ぐらいが、目安でしょうか。早めに飲んだ方がいいです。

****************************************************************
■量り売り麹1キロ840円は、まだまだあります。

■麦麹1キロ1,150円もよろしくお願いいたします。
================================
小堀産業マガジンでした。
****************************************************************
有限会社小堀産業
TEL 045-501-2867 FAX 045-521-3833
〒230-0052 横浜市鶴見区生麦5-13-47
ホームページ http://www.koborisanngyou.com/
電子メール kobori@koborisanngyou.com
***************************************************************
前の号へ  次の号へ 

閉じる