小堀産業トップ > メールマガジンバック

麹・大豆の小堀産業マガジン65号 

2010年3月20日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
第65号        小堀産業マガジン
     http://koborisanngyou.com/
   kobori@koborisanngyou.com
                         
発行 小堀産業
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 小堀産業は手造り味噌やお味噌の材料を売っているお店です。
================================
■お味噌造りは、どの季節でも可能なのですが、まだ寒の時期に造る人
が多いです。
今年も1月から2月ぐらいまでは、注文が集中しました。
今回は、そんな中でお客様から聞いた話を記してみます。

 1 大豆を潰すのに、餅つき機を使う。

■前にも書いたかもしれませんが、今年は、餅つき機を使うお客様が何
人かいました。

■専用の大豆を潰す羽がついていて、煮た大豆を餅つき機に入れると自
動で潰してくれるそうです。

■もちろん、大豆は、とても柔らかく煮るのでそんなに潰すのが大変と
言うことはありません。ビニール袋に入れて手で潰しても簡単にできる
と思います。ただし、たくさん造る人には、便利なのかもしれません。

■私も先日、思い切って買ってみました。
値段は、餅つきの季節をはずれたのか、かなり安くなっていました。
1万3000円ぐらいでした。
ただし、餅つき機全部が大豆を潰す機能がついているかはっきりしませ
ん。
確かめてから買った方がいいです。

■実は、まだお餅を作っただけです。
今度この機械を使って大豆を潰したら、またご報告します。

 2 新大豆の話

■これは、大豆問屋の人に聞いた話です。

■私が、新大豆と旧大豆の違いは、見た目ではわかりませんねと問屋の
人に言ったら、噛んでみるとわかります。と言われました。
豆を軽く噛んでみるとその傷でわかるそうです。
ようするに、新しい、古いは、乾燥豆の水分の違いがその傷にでるそう
です。

■また、大豆を運搬している人は、大豆の袋を担ぐだけで新か旧の区別
がつくらしいです。どこで判断するかと言うと、音だそうです。
古い水分の抜けた豆は、新大豆より、かさかさと乾いた音がするのだそ
うです。

 3 お味噌に黒いゼリー状のもの

■お味噌造りをしているお客様から、お味噌造りに関する問合せをいた
だくことがあります。その中で熟成したのでお味噌の樽を開けたら、表
面に黒いゼリー状のものがついていたという問合せが何件かありました。

■麹の製造元に聞くと、たまりが固まったものではないかと言っていま
した。お味噌の方は、いつもと同じように美味しくできているというこ
とです。

■多分、製造元が言うようにたまりが固まったものだと思います。夏が
暑いため、水分が蒸発しゼリー状になるのだと思います。
ただ、見た目は、気持ち悪いようですので、そのゼリー状のものは、取
り除き、捨ててしまうのがいいと思います。
================================
音更大振袖の21年産が、入荷しました。
今年は、品薄で入荷したのは、中粒でした。その分、値段は、少し下が
り、1キロ690円です。味は、甘くておいしいです。

秘伝豆は、今回入荷しませんでした。申訳ありません。
オオスズは、農家が特別栽培で生産するのを止めたため、特別栽培のオ
オスズは、入荷しません。人気のあった大豆だけに残念です。

================================
小堀産業マガジンでした。
****************************************************************
有限会社小堀産業
TEL 045-501-2867 FAX 045-521-3833
〒230-0052 横浜市鶴見区生麦5-13-47
ホームページ http://www.koborisanngyou.com/
電子メール kobori@koborisanngyou.com
***************************************************************

前の号へ  次の号へ   

閉じる