小堀産業トップ > メールマガジンバック

麹・大豆の小堀産業マガジン61号 

2009年8月9日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
第61号        小堀産業マガジン
     http://koborisanngyou.com/
   kobori@koborisanngyou.com
                         
発行 小堀産業
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 小堀産業は手造り味噌やお味噌の材料を売っているお店です。
================================
■この間、「インゲン豆でお味噌を造りたいのですが、インゲン豆あり
ますか。」と、電話での問合せがありました。インゲン豆の味噌は、聞
いたことがないので失礼だと思いましたが「本当にインゲン豆でいいの
ですか」と聞くと、九州では、インゲン豆で造ると言われました。ただ、
ちょっとお客様も不安になったのか「こちらでは、えんずまめとインゲ
ンのことを言い、それでお味噌を造ると言われました。」ただ、お客様
ももう一度調べて電話するといい切られました。

■私も気になったので、インターネットで調べるとえんずまめは、えん
どう豆の方言とありました。
そして、インターネットにはえんどう豆のお味噌もありました。どうも
インゲンではなくえんどう豆だったようです。

■私も不勉強でえんどう豆のお味噌を知らなかったので一度食べてみた
いと思い、売っているところを捜したら、日本橋の高島屋で販売してい
ることがわかりました。

■製造元は、福岡県のお味噌屋さんで見た目は、もちろん緑色です。食
べて見ると白味噌に似た様な味ですが、ちょっと違う。ただし、えんど
う豆で造ったと言われなければわからない、おいしいお味噌でした。香
りもお味噌のいい香りです。もちろん、造ったお味噌屋さんがえらいの
かもしれません。

■このお味噌を知った翌日、幼稚園の先生に今度は、黍や粟の穀物で造
ったお味噌の話を聞きました。こちらの方は、大豆アレルギーの生徒の
ために見つけたのだと言っていました。とても美味しいお味噌だったと
先生は、言っていました。

■今までは、大豆以外では、ひよこまめぐらいしか知らなかったのです
が、昔からいろいろなお味噌があるのだなと思いました。とりあえず、
今度は、えんどう豆の味噌を造るのに挑戦したいと思います。
また、一つ楽しみが増えました。
================================
夏期休暇を8月14日〜16日取ります。
発送は、17日以降になります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

量り売り麹は、9月1日に入荷いたします。
どうぞよろしくお願い致します。
================================
小堀産業マガジンでした。
****************************************************************
有限会社小堀産業
TEL 045-501-2867 FAX 045-521-3833
〒230-0052 横浜市鶴見区生麦5-13-47
ホームページ http://www.koborisanngyou.com/
電子メール kobori@koborisanngyou.com
***************************************************************

前の号へ  次の号へ   

閉じる