トップへ > お味噌の作り方 

■小豆でお味噌!■


お味噌の材料を注文してくださるお客様で大豆でなく、小豆をというお客様がごくたまにいます。小豆ではなく、大豆の間違えではと聞いてしまうこともあります。が、小豆でお味噌を作るそうです。
今回は、大豆の代わりに小豆でお味噌を作ってみました。

あずきで作った味噌の仕込み
今回は、麹500グラムに小豆が500グラム、塩210グラムで作りました。

小豆を煮るところ

小豆は、水に漬けて戻さずに直接煮ます。
ただ、渋抜き(下ゆで)という作業をします。
渋抜きは、インターネットを見ると少しずつやり方が違いましたが、基本は、小豆を煮る。煮たら一度水を捨ててからまた煮るというものです。
私は、沸騰したら、水を少し加える。もう一度、沸騰したら、また水を加える。そして、もう一度沸騰したら、一度水を捨てる。という作業をしました。
そのあとは、水を入れて本格的に煮ます。

小豆を煮る写真

小豆は、大豆よりは、早く煮えます。
正確には、煮える時間を計っていませんでしたが、2時間弱ぐらいだったと思います。

小豆をざるにあける

大豆のときと同じで、小豆の煮汁と小豆をわけます。
写真では、見えませんが、ざるの下に小豆の煮汁がたまっています。

あずきを潰す

大豆よりは、楽につぶせました。
ただ、黒くて目の悪い私は、ほとんど潰したつもりでいましたが、麹を混ぜた時、かなり小豆の形をしたものが、ありました。
黒くて見分けがつかなくなります。
潰す道具は、いつも愛用している ポテトマッシャーというジャガイモを潰す器具です。

あずきに麹と塩を混ぜる
大豆のお味噌同様、麹と塩を加えて、よく混ぜます。
小豆の煮汁を入れる
小豆の煮汁を加え、柔らかさ固さを調整しながら、とにかくよく混ぜます。
自然の力がお味噌を造るので、均一になるようによく混ぜます。
容器に入れる
今回は、出来上がりが約2キロぐらいです。
どんなお味噌になるか、楽しみです。

容器に入れるコツは、できるだけ空気が入らないように押し込むように入れてください。

写真には、ないのですが、表面には、カビ除けに塩を均等にふります。
小豆の味噌の仕込み
容器の表面にラップを貼り付けます。
なにか表面が乾いて大豆のようにうまくはれませんでした。

ラップの上の緑色のものは、チュウブのわさびを絞ったものです。
カビ除けです。
科学的な根拠は、わかりませんが、結構カビが生えないような気がします。
私は、もちろん、大豆の味噌にも使っています。ただし、大量に載せると表面の味噌には、わさびの香りがついてしまうことがありますので、注意した方がいいです。

 

小豆味噌仕込み終わる
最低限、いつ作ったかは、記した方がいいです。
もちろん、作った時の麹や大豆の量も記した方がいいです。
この後、それも記載しました。



2015年11月18日に仕込みました。

これからどう変化するかは、わかりません。
小豆のお味噌がどんな味がわからないのが、楽しいです。

2016年4月10日に天地返しをしました。ちょっとなめたら味噌になっていませんでした。なにか大豆の味噌とは、違うへんな味でした。
小豆味噌開けてみる
2016年6月2日に再びあけてみました。
見た目は、ちょっとお味噌らしくなっていました。
味は、小豆の味がほのかにしますが、まだまだかなという感じ。

お湯に溶いて薄いのを飲んでみました。コクがありました。が、どうなのでしょう。

もう少し寝かせてみることにしました。

2016年10月18日にまた開けてみました。期待はしてなかったのですが、甘くおいしい。近いうちに使ってみようと思います。


トップへ
    お味噌の作り方